SUBSCRIBE FOR EMAILS
​演奏会ご案内希望者の方はこちら

© 2019 by classicarts company. 全ての画像・動画を含む内容は会社に帰属します、無断使用は処罰の対象となりますので予めご注意下さい。

Asia C.P.E.Bach Ensemble

Asia C.P.E.Bach Ensemble

Academy of Early Music & Ensemble

since 2010

Major cities in Asia such as Tokyo, Hong Kong, and Taipei are international cities that are home to world-class performances and classical music talent. These cities are hubs for top-notch universities and educational institutes, admired by musicians across the world. The Asia CPE Bach Ensemble (established 2010) hopes to play a key role in these major Asian cities.

 

The goal of the The Asia CPE Bach Ensemble is to educate people and build strong relationships among neighboring regions, fostering world peace in Asia through its distinguished young talent. Spreading peace in Asia through music is a strong belief of the artistic director, Mr. Daisuke Iida, whose grandfather is Chinese. Based in Hong Kong, Taiwan, Tokyo, and Singapore, the repertoire of theThe Asia CPE Bach Ensemble  consists primarily of works by the exceptional talent Carl Philip Emanuel Bach and other Classical era works. Rehearsals are conducted using the newest editions published by Bärenreiter-Verlag, scrutinizing the latest revisions and research. The orchestra members gather from Hong Kong, Taiwan and Japan for performances in a concert series that started in January 2018, founded on the artistic director Mr. Iida’s passion to make historical performance methods widely available to more than just Baroque musicians. With 15 string players, two wind, and one percussion instruments, they use modern instruments in a small chamber orchestra style, tuning to 442 Hz.

 

They hold six concert series annually including overseas. They also feature ensemble-based studies, allowing string players to form quartets, and wind members to play in a quartet with the string players every year. The concert series showcases the results of these studies, where orchestra members have opportunity to acquire world-class ensemble skills. The associated academy provides opportunities for amateur musicians to study with professionals, making it a high-quality educational institution. At January 2020 the orchetsra minor changed their name from Asia Emanuel Bach Chamber Orchestra to new name Asia CPE.Bach Ensemble .

 

アジア・C.P.E.バッハ・アンサンブル

アンサンブル&古楽アカデミーsince 2010 

 

●東京拠点の古典専門楽団●

ここ東京・香港・台湾をはじめとするアジアの街はクラシック音楽においては世界有数のレベルと実力を有する国際的な”街”です。優秀な大学・学術機関が集中する都市は、世界の音楽家も憧れる街です。アジア・C.P.E.バッハ・アンサンブル はそんな大都会で非常に重要な意義を担っていると考えています。若手で才能ある優秀なメンバーの揺籃とし人材育成をしていくこと、さらにはアジア地域において近隣友好と世界平和を実現する助けとなることです。

芸術監督のライフワーク「アジアで音楽を通じて平和を!」という強い信念で、​活動拠点は香港、台湾、東京、シンガポールが舞台。主なレパートリーは奇才・エマニエルバッハの作品群、そして古典派の作品です。使用する楽譜は新ベーレンライター版を使用、最新の校訂結果、研究結果を交えリハーサルを進めます。2018年1月スタートの定期演奏会より、楽団員は香港、台湾、日本からコンサート開催時に集まり、歴史的奏法を一部の古楽奏者のみならず広く伝えていきたいという芸術監督の情熱にこたえます。​弦楽器は15名程度、管楽器は2管編成・打楽器の少数精鋭としてモダン楽器を使用、442Hzで作品にアプローチ、年6回程度の定期演奏会を基軸として海外公演も行います。ゲストのソリストには香港フィルハーモニー管弦楽団の管楽器奏者、世界的に活躍するソリストを迎えて日常的に世界の芸術家らと共演します。

楽団の特徴として弦楽器メンバーは弦カルテット、管楽器メンバーも弦とカルテットを組み例年を通じて「室内楽」をベースにした教育を受けられることです。その教育の成果として定期演奏会があり、楽団員は世界的なレベルを意識したアンサンブル能力を身につけられる機会が整っている事です。併設のアカデミーではプロフェッショナルメンバーが直接アマチュアメンバーにかかわり質の高い教育機関として機能しています。2020年1月により分かり易い呼称とするため、アジア・エマヌエルバッハ室内管弦楽団から、アジア・C.P.E.バッハ・アンサンブルへ改称。

●歴史と変遷●

2010年12月

フェリス女学院・チャペルにてバロック音楽による慈善演奏会開催

飯田門下生で古楽器教育スタート

2011年-2017年

アマチュアオーケストラ・ベートーヴェン室内管弦楽団としてスタート

音大生・アマチュアの人材育成塾スタート、その後発展的解消

2017年12月

プロメンバー・音大生による室内管弦楽団設立の準備委員会発足

メンバー人選、拠点会場選定作業スタート

2018年1月

アジア​・エマヌエルバッハ室内管弦楽団・定期演奏会スタート

本格的に香港から演奏家を招聘

2020年1月

アジア・C.P.E.Bach・アンサンブルへと改称

アジア芸術国際交流委員会新体制スタート

The Choir

Since2017

​アジア・ヘンデル・コレギウム、​アジア・C.P.E.バッハ・アンサンブル

附属のバロック専門合唱団。東京・香港・台湾をはじめとする

アジアからの芸術家を招聘、首都圏のみならず日本で活躍する

バロック音楽を専門に活躍する声楽家らで構成。

415Hzのバロックピッチでバッハからモーツアルト、

またさらにはペルゴレージやシュッツなど初期バロックの作品にも

積極的に啓蒙し演奏会では毎回高い評価を得ている。