ABOUT US

運営管理・マネジメントは株式会社クラシックアーツが担当。音楽を通じた人材育成を柱としながら、国際交流事業、演奏会、ブライダル事業、海外公演など幅広く展開。詳細はホームページをご覧ください。

ADDRESS

158-0094

東京都世田谷区玉川3-3-14

MAIL: info@classicarts.jp

HP: www.classicarts.jp

SUBSCRIBE FOR EMAILS
​演奏会ご案内希望者の方はこちら

© 2019 by classicarts company. 全ての画像・動画を含む内容は会社に帰属します、無断使用は処罰の対象となりますので予めご注意下さい。

Asia Collegium Musicum & Daisuke IIDA

 

With the success of their Hong Kong Chapel concert at the Chinese University of Hong Kong in 2016, the Asian Collegium Musicum currently plays an important role in the Asian Baroque music scene in Tokyo, Hong Kong, Taiwan, and Korea, garnering high praise from the musicians of those communities. The ensemble was born of Mr. Iida’s passion for Baroque music, as a remarkably talented musician who identifies as quarter Chinese. The founding members are professional musicians who are students of Mr. Iida. Their love for research, outreach, and advocacy grew gradually, and in 2016, they formed an ensemble specializing in Baroque instruments. The ensemble collaborates with other musicians outside of Mr. Iida’s school, enjoying excellent performances together. Their joyful chamber performances are an audience favorite. Usually held in Glory Chapel of Omotesando Ivy Hall, a European-style chapel, the concert series has given over 150 performances to date, including performances overseas. The Asia Collegium Musicum holds trainings and regular practice sessions at its practice studio in Setagaya, Tokyo, with international exchange concerts held in Hong Kong and Taiwan, a chapel concert series in Shinjuku, private performances, official invitation concerts by universities overseas, and international masterclasses. They have welcomed leading figures in Baroque vocal and instrumental genres as guest performers. In the 2016 season, they invited harpsichordist Kelvin Tsui, active in Europe and Hong Kong, as Visiting Artistic Director. Under the management of the Asia Arts International Exchange Committee, they aim to share the joy of Baroque music by connecting artists involved in Baroque music around Asia as an ensemble group in an environment that is approachable to the audience. They hold their concert series about 10 times a year in special chapel venues in Japan and overseas.

アジア・コレギウム・ムジクム since 2010

​東京・香港・台湾拠点バロック専門楽団  ​芸術監督・飯田大介

2016年香港中文大学での香港チャペル公演を大成功に収め、今や​アジア・コレギウム・ムジクムは東京、香港、台湾などアジアのバロックシーンにおいて重要な役割を果たすと共に、関わる音楽家らも高く評価するまでに至る。奇才・飯田氏のバロック音楽への情熱、そして中国人クォーターとしてのアイデンティティーの中から生まれたACMも5年目を迎え定期演奏会も160回を越え現在に至る。飯田門下生のプロフェッショナルメンバーで創設、研究熱心な活動やアウトリーチ、啓蒙活動を展開し、2016年より古楽器専門のバロック専門楽団となり、プロフェッショナルな自主運営の楽団として芸術監督以外はレギュラーメンバーをおかず時々の実力ある音楽家を中心に構成している。特にヘンデル、コレルリ、ヴィヴァルディのトリオソナタ、室内楽を主力に据えアンサンブルを楽しんでいる。少数精鋭でその演奏スタイルや内容は歓びにあふれており、聴衆からの支持も厚い。定期演奏会シリーズを欧州風チャペル・表参道アイビーホール・グローリーチャペル拠点に開催、海外公演も重ね2020年1月には第160回を迎える。東京世田谷に練習スタジオを構え、研修会、定期練習をベースに、香港国際交流演奏会、台湾国際交流演奏会、新宿定期チャペル演奏会、外部依頼公演、海外大学公式招聘公演、国際マスタークラスを開催。アジア諸国との国際交流演奏会を通じ各国を代表するバロック声楽、古楽器奏者を招聘。2016年シーズンにはヨーロッパ、香港で活躍するチェンバリスト・ケルビン・ツイ氏を客員芸術監督として迎えた。運営母体のアジア芸術国際交流委員会のもとアジア地域からバロック音楽にかかわる芸術家をつなぐことで”身近な環境で”と”身近な楽団”を理想としてバロックの魅力を発信します。年10回程度の定期演奏会、チャペル特別演奏会や海外公演を主軸に活動中。

 

●ゲスト共演者をギャラリーにてご紹介(左から右へ1列づつ)●

香港を代表するリコーダー奏者・ヘンリー氏、東京芸大チェンバロ助手・土居氏、東京芸大卒・土田氏、日本を代表するバロックトランペット・斎藤氏、香港を代表するソプラノ・レイチェル氏、香港を代表するアルト・クロエ氏、香港中文大学助手・アン氏、香港を代表するバロックバイオリニスト・ギャリー氏、東京芸大チェンバロ助手・宮崎氏、世界的チェンバリスト・ソニア氏、香港古楽協会ビオラ・エルビラ氏、香港古楽協会創設者・ティム氏、香港を代表するソプラノ・ジェシー氏、客演監督・ケルヴィン氏、香港を代表するカウンターテナー・ケイス氏、桐朋学園短大チェンバロ講師・大村氏、香港フィル首席オーボエ・マイケル氏、AECOゲストコンマス・ティム氏、ACM在外メンバー・サニー氏、日芸ピアノ講師・菊地氏